OPPO Digital Japan株式会社
FAQs
  • HOME »
  • »
  • »
  • ハイレゾデータをS/PDIF(同軸、光)で出力するとDACが48kHzとして受けてしまう。192kHzなどで出力できないのか?

HDMIのネゴシエーション結果に依存します。

プレーヤーのHDMI出力をテレビに直接つないでいらっしゃる場合に、この事象が見られます。

テレビからも音声がでる状態ですと,テレビが受けられる周波数上限が一般的には地上波/BS/CS放送の上限である48kHzであるために,HDMI接続のネゴシエーション(再生可否の問い合わせ)が行われた結果,192kHzなどのハイレゾデータをテレビは再生できないと判断され,プレーヤーは48kHzで音声を出力しようとします。この時,同軸などから出力されるデータも全て48kHzに調整されます。回避するには,HDMIオーディオ出力設定をオフでご利用下さい。

Blu-rayオーディオなどではS/PDIF出力に制限がかかっているものがあります。

一般的な市販Blu-rayソフトでは,ハイレゾ音声データ(リニアPCM,DTSなどフォーマットによらず)のS/PDIF出力に制限が設けられているものがあります。これらは保護機構やオーサリングの結果によるもので,プレーヤー側ではそれらの制限を回避できません。

Posted in: Blu-ray プレーヤー, UHD Blu-ray プレーヤー

  • facebook
  • twitter

OPPO Digitalはハイレゾ対応

hires-logo

OPPO Digitalの各製品(ケーブル類を除く)は全てハイレゾ対応。注目のハイレゾ音源を高品位に再生可能です。
PAGETOP
Copyright © 株式会社エミライ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.