MediaControlでDLNAサーバーからコンテンツを再生できるようになりました。

大変長らくお待たせいたしました。多数ご要望をいただいておりました,純正アプリでのDLNAサーバー再生に対応致しました。本ファームウェアと該当バージョンのMediaControlアプリの組み合わせでご使用になれます。詳細は こちら をご確認下さい。

また,MediaControlはDLNA Media Serverとしても動作いたします。結果どのようなことが可能になるかと申しますと,アプリを起動しているiPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンのローカルデバイス内に格納されているメディアファイルをプレーヤーへ転送し、再生することが可能です。 ただし、ハイレゾファイル等のデータ量が多いコンテンツの転送可否についてはスマートフォンのWiFi能力や処理能力に依存します。

DLNA再生時のカバーアート表示について

以下の制限事項がございます。

  • FLACや一部のWAV等でカバーアートに相当する画像が埋め込まれているファイルでは,MediaControlで再生させたときにMediaControlのみにカバーアートが表示され,HDMI出力された再生中画面では表示されません。こちらは現在の仕様であり,今後のファームウェア等の更新に伴い表示されるようになる予定です。
  • DLNA再生時はGracenote連携による曲情報表示やカバーアートの表示に対応致しません。
  • folder.jpg,cover.jpg等のDLNAサーバー側でサポートしているカバーアート形式の表示に対応致しません。

BDAVメディアの表示互換性が向上しました。

HDDレコーダー等からBlu-rayメディアにムーブしたコンテンツのタイトル表示が文字化けしていたものが解消いたしました。ただし現状、一部のARIB外字に相当する文字は表示されません。今後の課題として改善を予定しております。