音元出版様刊行の専門誌『Audio Accessory 159号』にてBDP-105D JAPAN LIMITEDをご紹介いただきました。詳細は誌面にてご確認いただけます。

特別企画「オーディオ銘機賞 2016」

BDP-105D JAPAN LIMITED

レビュワーは大橋伸太郎氏です。以下のようにご評価いただいております。

「SACD、CDからハイレゾファイルまで定位が向上、ニュートラルな表現はレファレンスプレーヤーの域に達している。」

特別企画「総力特集 新製品大スクランブルテスト」

BDP-105D JAPAN LIMITED

レビュワーは土方久明氏です。以下のようにご評価いただいております。

「音質に定評のあるBDP-105DJPをベースとしてチューニングしただけあり、その効果はしっかりと音に現れている。一聴してレンジが広く、情報量も多い。そして、何よりも聴き手に猛烈に訴えかけてくる音だ。例えば、BDオーディオで2Lやカメラータなどの高音質レーベルを聴くと、音楽性が高く、ユニバーサルプレーヤーの枠を超えたような素晴らしい表現力。」「USB入力の音は、ダイナミックで押しがあり、並のUSB DACでは太刀打ちできないほどだ。」

連載企画「オーディオ探求 旬の音本舗 福田屋」

BDP-105D JAPAN LIMITED

レビュワーは福田雅光氏です。以下のようにご評価いただいております。

「最近にユニバーサルプレーヤーは音質性能も高く、オーディオ用としても魅力である。」「SN比、解像力、コントラスト、高域特性など、オリジナルとは格段の音質差があり、高解像度で洗練された性能は、CDを再生しても30万円クラス以上の性能がある。」「BDAを聴くと、冒頭からまるでリアリティに違いがあり驚く。CDでは聴こえなかった中音高音の表情が克明に現れる。」「低音エネルギーの精度が高い。こんなに自然で分解力の高いようなCDは記憶に無い。深く伸びて音程の変化が明確だ。ダイナミックレンジも大きい。高SN比で、透き通るような空間の広さは魅力である。」

BDP-105D JAPAN LIMITED